読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語でお願いします。

夫はアスペ、娘もアスペ、母ひとり。

アスペの旦那と娘をもつ母です。

外では多数派、家ではぽっつり生きています。

 

アスペと定型のハーフ(笑)として

第3の道を模索する娘、あーちゃんの奮闘をつづります。

iphone事情

あーちゃん、iphoneを壊す!

....っていうか画面を割りました。

 

今人気の完全防備の手帳型ケースを使ってたはずなんだよね。

でもね、彼女は音楽を聴くからさー、画面むき出しでポッケに入れるわけ。

そして若干画面より小さいフィルムを付けてたのよ。

 

で、コンクリートがむき出しのガラス部分にクリーンヒットしたらしく、

画面がクモの巣状態。

 

それでこの間、新しいiphoneを契約してきた。

あーちゃんの好きなブラックのiphone7ね。

今度はガラスのしっかりしたフィルムに、

縁をしっかり保護してくれるケースを買ってきた模様。

バンパーっていうらしい)

 

今回は安全第一、次は軽さを優先したみたい。

それと、写真を撮るときにケースが邪魔にならなくて良いとのこと。

オシャレさは半減したけど、外出時のお守り(音楽)は必須だし、

あーちゃんにはぴったりかも。

 

「前のは背面が隠れてたけど、今度はちゃんとAppleが見えてかっこいいでしょー!!」

と自慢されました。赤がアクセントになってGoodです。

 

受動型で流されやすいあーちゃん、

今度は自分に合ったものが見つけられてよかったね。

あーちゃんの思い出 中学1年

中学校の時、合唱の練習をしていた。同じパートに歌の苦手な子がいた。曲の間奏のときその子に「こうすると声が出るよ」とアドバイスをしてた。ら、「みんなやってるんだよ!怒」の声と共に楽譜が飛んできた。ピアノ伴奏の子だった。

 

サボってると思ったんだろう。きっとその子は真剣だったんだろう。同じバレー部でもあり、あーちゃんの奇妙さに日々イライラさせていたかもしれない。

 

あーちゃんはちょっとしたことで怒る子ではない。ちゃんと状況を見て、まずは相手の意見を聞いてみる。怒っても治らない子だったら、何も言わない。

 

でも、世間はそうじゃない。怒るのは当たり前。怒れるのは良い事で、大事な事。

 

 

さんまさん「お前の涙はここに固めたから、もう泣くなよ」

 あーちゃん、頑張れ!

 

もちもち、ももち。

あーちゃんがDVDを見てた。

そこにはみんなのアイドルももちがいた。

 

...あれでしょ?べりーずこうぼう。

かーちゃんも知ってるぜっ!て感じで話しかけてみた。

 

ももち、芸能界引退だってね...

あーちゃん「そうなの」

まだまだこれからなのにもったいないね...

あーちゃん「そんな事ないよ、やったあ!だよ!!」

 

 

???

あーちゃんはももちのこと嫌いなの?

あーちゃん「好きだよー!だって嗣永プロだもん」

???

 

 

ももちって小学生だった当時から「歌で人の気持ちを明るくできるようになりたい」

とか握手会で「会話がしたいので、ありがとうは先に言っておきます」とか言って、

もうプロなんだってね。

 

コンサートしながらテレビに出ながら、大学通って教員免許取って...

あの「許してニャン」とか言ってた子がだよ?すげ~!!

 

それから、つんくさんが小さい子を合格させるのには訳があるんだって、

途中で他にやりたいことが見つかっても、二十歳やそこらなら十分やれるからって。

 

あーちゃんはそういう愛情深いつんくさんを心底尊敬しててさ、

つんくさんが育てた子たちが旅立っていくのが嬉しいんだと。

そんでももちがアイドルじゃない道に進んでいくのがワクワクするって。

なるほどね~

 

 

あーちゃん「かーちゃん、つんくさんじゃないよ!つんく♂さんだよ!!」

あ...すんません